ie ni yutori

ieniyutori.exblog.jp

断捨離。

10月7日(月)は小学校が運動会の代休のため、長女と二人で家のかたづけ。



用意していた粗大ゴミをクリーンセンターに持っていきました。

粗大ゴミと言っても45リットルに入りきらない細々したもの。

例えば分解したカラーボックスの長い板×6枚。

以前使っていた収納ケースの枠組み。

こどもたちがおままごとに使っていた小さい折りたたみテーブル。など。


そんなに大きくはないけど普段のゴミの日には出せないものたち。



これらをクリーンセンターに持ち込みで処分してもらいました。


長女も軍手をして車に運ぶのを手伝ってくれました。


かかったお金は60円。廃棄物入手料として徴収されました。




そして次に向かった先は本屋さん。


古本の買取をしてもらうためです。
20冊強持って行って、買い取ってもらえたのは9冊。


買い取ってもらえなかった分は処分をお願いしました。


これで本棚にもゆとりができ、本の出し入れもスムーズになりました。



文庫本は手頃な値段からついつい買ってしまいがちだったけど、最近は図書館を利用し、購入する機会を減らすように心がけています。




こども部屋に今までカラーボックスを使って絵本やおもちゃの収納をしていましたがカラーボックスがなくなって(おもちゃも随分減らしました)とてもすっきりしました。子供部屋から家具がなくなりました。と言ってもおもちゃ箱はまだあります^^;


長女はリビングのテーブルで宿題や勉強をしているし、寝るのも和室で家族そろって横になっているので今のところベッドも必要なし。



だけどこどもたちが大きくなってそれぞれ勉強机やベッドが欲しいと言い出したら2LDK+4畳半の和室の我が家では到底スペースが足りません。
(今、現在LDK以外の2部屋のうち、片方をこども部屋、もう片方は夫と私の衣服が入ったタンスや本棚を置いています。そちらもいずれこども部屋になる予定です。)


かといって夢の一戸建てへの引っ越しの予定もなし( ̄▽ ̄)


この先こどもたちが個々に部屋を持ったとしてもゆとりある生活ができるように、家の中を整えるのは親である私と夫の仕事。


これから大物の断捨離も残っているし、まだまだ改善が必要な我が家ですが長女がこんなことを言いました。


「物が減ったからお片づけが簡単になった」と。


心の中でその言葉に少し感動しながら


「そうやね。お片づけも簡単になったしおうちの中の仕事の時間が減ったね。」と答えた私。



まだまだこどもだと思っていたけどそういうことにちゃんと気づいてるんだなぁと、これからますます頑張ろうと思えた1日でした。









最後まで読んでくださってありがとうございます。
by ieniyutori | 2013-10-10 19:55 | 整える